S1使用Zカプ・テテフ

S1では主にZカプ・テテフ+襷パルシェンを使用したが、大した結果を残すことができず、構築にも満足していないので使ったZカプ・テテフの三種類の型を下記に記しておく。

 

f:id:p_q_poke:20170117101151g:plain

カプ・テテフエスパーZ サイコメイカー

サイコキネシス 10万ボルト 瞑想 身代わり

控えめ 175(236)-*-109(108)-177(84)-136(4)-125(76)

H:16n-1

B:A197メガボーマンダの捨て身タックル耐え

C:ZサイコキネシスでD122メガガルーラに214~

      +1ZサイコキネシスでD136カプ・テテフに144~

D:C191メガゲンガーのヘドロ爆弾が~170

S:最速テッカグヤ抜き

 

数値での打ち合いに負けることがほとんどないのが長所。

代わりに鋼を崩すことに関しては控えめ。

ギルガルドに対して身代わりを採用することによって択次第で突破を狙うことができる。

また瞑想を合わせることでポリゴン2やハピナス等の指数受けを起点にすることもできる。

 

f:id:p_q_poke:20170117101151g:plain

カプ・テテフ@カプZ サイコメイカー

サイコキネシス 10万ボルト 自然の怒り 挑発

臆病 175(236)-*-109(108)-150-135-149(164)

H:16n-1

B:A197メガボーマンダの捨て身タックル耐え

D:C191メガゲンガーのヘドロ爆弾が~170

S:準速ミミッキュ抜き 最速デンジュモク抜き

 

鋼を崩すことと、挑発である程度起点回避を狙えるのが長所。

挑発は主に襷パルシェンの起点回避が必要な場合に採用したい。

 

f:id:p_q_poke:20170117101151g:plain

カプ・テテフ@電気Z サイコメイカー

サイコキネシス 10万ボルト 瞑想 身代わり

控えめ 169(188)-*-96(4)-198(236)-136(4)-125(76)

C:Z10万ボルトでD122テッカグヤに214~

 

電気Zカプ・テテフは鋼タイプを最も対面で処理しやすいことが長所。

しかし、Cにかなりの努力値が割かれるので耐久やSが確保できないのが難点。

 

S1ではZカプ・テテフ+襷パルシェンの考察にかなりの時間を使ったが、それをメタしたであろうジバコイル+テッカグヤ等の鋼二枚選出にほとんど歯が立たないことを最終盤に気づいた。

そもそもサイコフィールド下の襷パルシェンを後出しから処理できるポケモンが採用されることも多くなり、パルシェンの性能が著しく落ちたことも大きい。

よって、S1ではZカプ・テテフ+襷パルシェンが上位で勝ち続けるのはほぼ不可能だったように感じた。

しかし、カプ・テテフ自体は非常にスペックの高いポケモンなので、プールが広くなったS2以降でも数多く使われるのは間違いないだろう。

腕白チョッキカミツルギ

f:id:p_q_poke:20170112023937g:plain

カミツルギ@突撃チョッキ ビーストブースト

リーフブレード 聖なる剣 辻斬り ハサミギロチン

腕白 165(244)-201-169(20)-*-82(244)-129

H:2n-1

B:A161パルシェンの+2氷柱針が急所無しで~165

D:2n 残り最大

 

突撃チョッキを持ったカミツルギの長所は鋼タイプでありながら、カプ・コケコにある程度強いポケモンとして扱えるところ。

さらに行動保障を確保できる持ち物を持つポケモンでありながら、ポリゴン2などの指数受けを突破できるところも長所である。

現状では鋼タイプの需要が高く、数が多いポケモンギルガルドテッカグヤだが、鋼タイプにZ枠を割きたくない、鋼タイプでカプ・コケコに弱いポケモンを採用したくないなどの理由があれば十分採用されてもいい。

今回の配分はパルシェンを意識してある程度物理耐久を確保してあるが、それが必要ないなら意地っ張りや慎重のHDベースでいいだろう。

リサイクルカビゴン

f:id:p_q_poke:20170106120438g:plain

カビゴン@バンジorイアの実 食いしん坊

恩返し 地震 鈍い リサイクル

意地っ張り 254(148)-144(4)-117(252)-*-142(92)-51(4) 8余り

H:16n-2

A:+1恩返しで171-150メガボーマンダを高乱数2発

B:物理と打ち合える範囲を広げるため最大

D:C200カプ・テテフのサイコフィールド×眼鏡サイコキネシスを2耐え

 

単純な数値での打ち合いにめっぽう強いポケモン

ボーマンダとの偶発対峙で威嚇が入った状態からでも急所に当たらなければ積みの起点にしながら打ち勝てるほど。

しかし、毒や宿り木や挑発などの搦め手には弱め。

1/4以下で1/2回復木の実を持たせるポケモンはBorD下降の性格にすることはほぼないことから基本的にバンジorイア推奨。

それ以外の木の実は物理特殊両採用の可能性が非常に低くなるので非推奨。

ちなみに、現在教え技がないのでリサイクルを覚えたカビゴンを使うにはゴンベからの育成が必要で入手難易度は高め。