読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カバゲンカグヤ

カバルドン@イアの実

地震 ステルスロック 欠伸 吹き飛ばし

慎重HD

 

ゲンガー@ゲンガナイト

祟り目 ヘドロ爆弾 催眠術 身代わり

臆病CS

 

テッカグヤ@ヒコウZ

エアスラッシュ 宿り木の種 身代わり ボディパージ

臆病HS

 

カバルドン

できるだけ二回以上行動する事を目指してHDイア。

メガリザードンYがオーバーヒートを撃ってきた場合でも二回行動する事ができる。

 

ゲンガー

カバルドンが誘うカプ・レヒレを素早く処理できる抜きエース。

身代わりをうまく使うことで追い討ちから逃げることもできる。

従来通り起点作りカバルドンとの相性が抜群。

 

テッカグヤ

ゲンガーを処理してくるスカーフカプ・テテフや地面を起点に全抜きを狙う。

最初はASヘビーボンバー空を飛ぶ地震で使ってたが指数受けの突破が困難だったのでやどみがに変更した。

ZエアスラッシュメガリザードンYにも半分入るので、ステルスロックを撒いた状態ならウルガモスバシャーモを含めたメジャーな炎タイプの後出しを許さない。

しかし、場持ちがあまりよくなかったので食べ残しも考慮。

 

影打ち持ちのミミッキュギルガルドが非常に重い。

この三体で抜いていくことを考えるとこれらから大きく動かせることはあまりないはずなので、残り三体でうまく穴を埋めたい。

シーズン2ではこの三体を軸にシングルレートをして1800代後半から2100代前半まで17連勝したが、残り三体をうまくまとめられなかったので2000代後半で終了。

起点を作って抜いていくタイプの構築の中では最も可能性を感じているので更に考えていきたい。