ミズZニョロトノ+メガラグラージ

f:id:p_q_poke:20170716204008g:plainf:id:p_q_poke:20170716204012g:plainf:id:p_q_poke:20170716204017g:plainf:id:p_q_poke:20170716204020g:plainf:id:p_q_poke:20170716204023g:plainf:id:p_q_poke:20170716204026g:plain

ニョロトノ@ミズZ 雨降らし

ハイドロポンプ 凍える風 滅びの歌 守る

191-*-105-143-121-99 控えめ

 

ラグラージラグラージナイト 激流→すいすい

滝登り 地震 冷凍パンチ 雨乞い

175-178-110-*-111-112→175-222-130-*-131-122 意地っ張り

 

ボーマンダボーマンダナイト 威嚇→スカイスキン

捨て身タックル 地震 ストーンエッジ 炎の牙

171-205-100-*-100-152→171-216-110-*-110-172 意地っ張り

 

ナットレイ@イアの実 鉄の棘

タネマシンガン ジャイロボール 叩き落とす 剣の舞

181-160-151-*-137-22 勇敢

 

ゲンガー@ゲンガナイト 呪われボディ→影踏み

シャドーボール 滅びの歌 守る 道連れ

165-*-82-151-96-178→165-*-102-191-116-200 臆病

 

テッカグヤ@食べ残し ビーストブースト

エアスラッシュ 宿り木の種 身代わり 守る

 204-*-124-166-125-86 控えめ

 

個別解説は続きから

 

 

f:id:p_q_poke:20170716204008g:plain

ニョロトノ@ミズZ 雨降らし

ハイドロポンプ 凍える風 滅びの歌 守る

191-*-105-143-121-99 控えめ

H:16n-1

B:A233メガバシャーモの飛び膝蹴りを15/16で耐え A156ミミッキュのゴーストZシャドークロー+影打ち耐え

C:11n D122メガガルーラにZハイドロポンプで184~ 非雨下のHDカバルドンをZハイドロポンプで一発

D:C211メガリザードンYソーラービーム耐え

S:-1S148ミミッキュ抜き

 

構築の軸でありスタート。

ギミック系統の構築に負けたくなかったので、メガゲンガー以外の滅びの歌持ちポケモンを使いたいと思いいろいろ探してみると、滅びの歌を使えるポケモンの中ではニョロトノアシレーヌが性能が高そうだと感じた。

アシレーヌだと数の多いミミッキュに不利を取りやすいが、ニョロトノは凍える風が使えるのでミミッキュにも不利を取りづらい。

滅びの歌だけでは崩し性能がないので、高指数を出せるミズZハイドロポンプ

等倍で通ればだいたいのポケモンを倒すことができ、相手の残匹数を減らすことになれば滅びの歌が通りやすい。

技スペースの残り一つは滅びの歌と合わせることで、詰め筋になれる守るを採用。

猫騙しや飛び膝蹴り、Z技を透かすこともでき非常に便利。

 

 

f:id:p_q_poke:20170716204012g:plain

ラグラージラグラージナイト 激流→すいすい

滝登り 地震 冷凍パンチ 雨乞い

175-178-110-*-111-112→175-222-130-*-131-122 意地っ張り

AS

 

ニョロトノでは電気や草タイプに不利を取るので、選出する残り2枠で耐性をつけていくことにした。

メガラグラージは電気の一貫を切ることができ、ニョロトノの雨降らしの恩恵を得ることもできるので自然と採用された。

滝登り地震冷凍パンチはほぼ確定技で技スペースが一つ余ったが、ニョロトノに依存せずとも単体性能を上げられる雨乞いを採用した。

 

f:id:p_q_poke:20170716204017g:plain

ボーマンダボーマンダナイト 威嚇→スカイスキン

捨て身タックル 地震 ストーンエッジ 炎の牙

171-205-100-*-100-152→171-216-110-*-110-172 意地っ張り

AS

 

後述するナットレイを選出する際に、相手のリザードンバシャーモ等の炎に対応できる可能性の高いメガボーマンダを採用した。

ニョロトノ+ナットレイ+ボーマンダと選出すると霊獣ボルトロスやサンダーの処理が厳しいのでストーンエッジを採用。

ストーンエッジのダメージを意識して意地っ張り、ナットレイの処理を考えて炎の牙を採用した。

意地っ張り→陽気、炎の牙→龍の舞も選択肢に入る。

 

f:id:p_q_poke:20170716204020g:plain

ナットレイ@イアの実 鉄の棘

タネマシンガン ジャイロボール 叩き落とす 剣の舞

181-160-151-*-137-22 勇敢

HA

 

相手の水タイプの処理が面倒なので、ナットレイを採用。

パルシェンに対応しやすくするためにイアの実持ち。

相手のナットレイとも戦いたいので叩き落とす+剣の舞。

 

f:id:p_q_poke:20170716204023g:plain

ゲンガー@ゲンガナイト

シャドーボール 滅びの歌 守る 道連れ

165-*-82-151-96-178→165-*-102-191-116-200 臆病

HSメガゲンガーの細かい調整 - Never-Ending Sweet Dream

 

ニョロトノと合わせてギミック構築や受けループといった構築に対応する。

選出率は最も低いが、この構築の厳しいところを穴埋めできたり、イージーウィンを狙える構築もあるので他のポケモンにするのも考えづらい。

 

f:id:p_q_poke:20170716204026g:plain

 テッカグヤ@食べ残し

エアスラッシュ 宿り木の種 身代わり 守る

 204-*-124-166-125-86 控えめ

H:最大 身代わりが地球投げ耐え

C:11n+1 2n(ビーストブーストの補正意識)

S:余り

B<D

 

メガラグラージメガゲンガーとの並びが作りやすく、単体性能の高いテッカグヤを採用。

相手の草タイプに強い+崩し性能の確保をするためにエアスラッシュ+やどみが。

守るはニョロトノメガゲンガーの滅びの歌とも相性が良い。

 

@Asyu_A0_pokeが真皇杯ラストチャレンジと本戦で使用した。

ラストチャレンジでは砂町会場で優勝し、本戦では準優勝することができた。

選出パターンはニョロトノ+メガシンカ+鋼がほとんどで、メガシンカ+鋼2枚選出もすることもある。

ミズZニョロトノラグラージも最上位ポケモンではないと思うが、これらを軸にした場合この構築から大きく外れることはないように感じた。

 

QRPTの準備もしておいたのでこちらで。